王座戦 佐藤天彦八段 モンブランに勝ったいちごショートケーキ

王座戦第2局 佐藤天彦八段が勝ち 投了図羽生善治王座に佐藤天彦八段が挑戦する第63期王座戦五番勝負第2局で、先手の佐藤八段が勝ち1勝1敗のタイとなりました。

第一局、横歩取りで敗れた佐藤八段が選んだ先方は角換わり。羽生王座はそれを受けてたつという形になりました。

羽生さんは相変わらずというか久々なのでしょうか?しっかり寝癖がついてました(笑)

ミートソーススパゲティとグレープフルーツジュース

羽生王座の昼食はミートソーススパゲティとグレープフルーツジュースでした。

僕が食べたことのあるとミートソーススパゲティいえば、はじめからスパゲティにミートソースがからめてあるものですが、羽生さんが食べたものはミートソースがカレーソースポットに分けてあるんですね。

スパゲティは麺類の中でも腹持ちがいいという印象があります。水分が少なくて、お腹に入ってから膨れるというイメージがあるせいでしょうか。

将棋もタイトル戦ともなれば1日~2日間にもかけて行う長丁場です。ゆっくり体に吸収されていく食事というのも体調を維持するのにはよいのかもしれません。

グレープフルーツジュースはダイエットにもよいという噂がありますが、羽生さんはそんなことを考えて注文したとは思えないので単純に好きなんですかね?

卵とじうどん(かやくごはん付き)とアップルジュース

佐藤八段の昼食は卵とじうどん(かやくごはん付き)とアップルジュースでした。

卵とじなので見た目は意外と貧弱です(すいません)。これまでタイトル戦の食事をいろいろ見た経験から、そのように感じたものですから。

実はうどんも消化が遅い食材ですね。羽生さんのスパゲティといい、今回は偶然か狙いどうりなのかどちらも消化の遅い食事を選びました。

しかも、佐藤さんはかやくごはん付きで炭水化物×炭水化物ですね。将棋もタイトル戦ともなるとかなりのエネルギーを使いますので時には1戦で何キロも痩せるようです。

りんごは健康によい食材として有名ですが、便秘の改善や高血圧予防以外に疲労回復の効果もあるようです。佐藤さんの2局目勝利にアップルジュースが一役かったのかもしれません。

モンブランとホットレモンティ

15時のおやつ、羽生王座はモンブランとホットレモンティです。

羽生さんが頼んだモンブランですが、いや~こんなの見たことないですね。どうみても小さくしか見えないサイズですが・・・、僕なら一口でいっちゃいそう。

モンブランといえば栗ですが、以外にもカルシウムが多く含まれているんですね。栗の効果に腰膝を丈夫にするということもあるようですが、将棋の棋士はよく正座をするので、腰や膝にいいとはありがたい感じがします。

レモンティというと、僕は昔少しはまってこればかり飲んでたことがありました。レモンの効果の一つにストレス解消があるようですが、タイトル戦はまさにストレスがかかる戦いですよね。

いちごのショートケーキとホットミルクティ

一方、佐藤八段はいちごのショートケーキとホットミルクティの注文です。

ショートケーキって定番中の定番って感じですが、僕も大好きです。スポンジと生クリームといちごの絶妙な配分があの美味しさを出しているんでしょうね。

いちごには皮膚を若々しく保つ美肌効果があるようなので、僕的には佐藤さんにぴったりかなと思う(笑)

ミルクティとショートケーキとは、なんともほっとするような組み合わせと思うのは僕だけでしょうか。牛乳は成分的には違うかもしれませんが、体に良いものを取り入れているという感情が沸き、精神的な面で良いと聞いたことがあります。

おわりに

今回は将棋タイトル戦の食事とおやつに注目してみました。

書いていて、意外と面白いし食材の効果なども勉強になるのでこれれからも記事にしようかなと思っています。

棋士ごとの傾向などもわかってくると、もっと面白いかもしれません。

SNSでもご購読できます。